Regrets

今日の出来事やゲームの話などいろいろ

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。
やっぱり攻略やレビュー系に付くと嬉しいですね。

・UMvC3
浮遊バグの解説動画を発見し実際に試してみた。

条件に「相手側の協力」も必要なので
普通の対戦状況下では発生しないと思うし
ちょっとだけいつもと違う状況も味わえる
個人的には嬉しい部類のバグだとは思う。

通常、地上でしか発動出来ないHCでも
VCでなら、このバグで空中発動可能ということで
ガンダムW エンドレスデュエルの
空中メガ必殺バグみたいな雰囲気も味わえる。

個人的に嬉しいのはアーサーかも
原作では単発/空中可なのに
何故か地上限定(ジャンプ可)/連射技になっている
女神の腕輪がようやく空中で!ってだけ。

他、ダンテで空中から斜め下にコールドシャワー連発したり
顔で空中でバリアー使ったり
空中に発生するガンマツナミ
タスキーで空中タックルなどなど。


やりたいのに出来なかったのは
リュウでレインボーのように「空中無限浮遊+波動連発」
高空からヒドゥンミサイル
空中で「地上異議有りHITによる逆転モード」
ライダーで空中バイク

地上必殺技全般が使えないのは痛いし
特殊技も可否が結構バラバラで試さないと分からない。
空中ロック技もVCでロック技が無い?ので無理。

けど、このバグが研究されて面白い状況が進展したり
逆に対戦に悪影響が出たりしたら大変だとも思うし
今後の動きがあるなら、それも気になる。

・ウルII
例によって調べても
コピペブログばかり上に出てくる状況にゲンナリだけど
肝心のゲーム内容もどうだろう?

追加キャラによるバランス変動は
稼動初期に騒ぐより、時間が経ってからの方が良いとは思うし
追加が無い、本家のストII Xがやりたいのなら
過去の移植やらハイパーやら他の選択肢がないわけじゃない。

ということで、追加要素を楽しめる人こそ買うべきと思うのだけど
背景やら演出やらが違う/簡略化されてしまっている
音楽もアレンジになっているけど、好みとは感じないなど
個人的には追加要素の魅力は乏しかった。

音声もIV基準になっていて、ストIIの方が好みだったし
追加キャラの音声は機械で加工しただけな印象
コンパチ追加キャラと言えばそれまでだけど
他の格ゲーの追加キャラに比べると見劣りすると思った。

ドラマティックバトルとかに似ているバディファイト?モードも
演出面の簡素さや制限などで継続的に遊びたい印象は無いし
体感系な波Do拳とかも、自分は興味が無いので
軽く人がやっているのを見れば終了。

個人的に喜べそうだったのは
LITE操作に調整が入ったこと。
そしてギャラリーが充実していること
画集よりゲームの方が場所は取らないのが利点かな。

どうせなら、波Do拳の敵は
太いおっさんだけじゃなくて
キャミィとかユーリ/ユーニとか
ベガ親衛隊?の面々とかだったら
別の方面で人気出たんじゃないかな。


エロ同人関連は続きから


・アーリマン
アーリマンの最新作のアプデの件
配布方法が
「製品版に"更新した体験版"を同封して再DL」ということで……

毎度、初期版の安定感が無いことで様子見した自分は
残念ながら「更新した体験版?」に触る事は無さそうである。
結果的に「微妙かつ急遽仕様変更して不評だった製品版」に
「お金を払ってくれた方へのお詫び」的な感じだろうか?

DLsiteブログの方も荒れているが
今までの経緯を考えれば当然だとしか思えない。
(自分は"作者のブログ"を荒らすのも
荒れるのを見るのも嫌なので
こうして個人ブログで個人的な意見を書いているのだが)

無責任な作者側の行動や発言
作者の"非"自体を無視して、批判意見にだけ文句を言う信者
皮肉などでの対立煽りなど
見に行くだけでも不快な要素ばっかりなので
作者を若干心配しつつ「アプデ通知」だけONにして
後は放置するしかないという諦め状態になりつつある。

けど、もんぱらRPGのように
クオリティが高くても、時間経過で熱意は絶対に冷める。
荒れるし熱意も冷めるなんて考えると
今回の例は最悪なパターンとも思えた。

「まず売って、後から直す」より
「一定水準の完成品」を出す必要性は高いと感じた。

無料配布とか、実験的な習作とかなら
まず出して、意見を反映させて
質を高めるのも良いとは思うのだが……

・三枚のおふだ
三枚のおふだ
昔話と同タイトルのエロ同人RPG
(紹介がかなり遅くなりすぎたとは思う)

よくある100円の小ボリューム作品かと思うと
体験版でも大容量で「むむっ?」っとなった作品。
(CGや音楽が重たいだけかもしれないが)

ショタ主人公が女性型の妖魔に襲われる内容で
敵に攻撃は出来ず、行動を封じて逃げる戦闘システムと
道を覚えたり、危険なシンボルを避けたりするマップ部分が特徴。

覚える事が必要な面と、敵の行動に適した
相手のどの技を封じるかの選択とリソース管理が必要なのだけど
一度のミスでも余裕で大ピンチか、下手すると負け確定なので
注意力や集中力が必要な内容だとは思う。

攻略に気付けたり、公式の攻略を読んだり
綺麗にクリアできると気持ちは良いのだけれど
シナリオを読ませるためか、各所のウェイトが長く
「読み物」としては良いと思うのだが
「死んで覚える+繰り返し」としては面倒さが気になる人もいる様子。
ただ「適当では難しく、理解していると気持ちよい」は
基本的には理想的な難易度だと思っているので
難易度を下げるより「対処の把握がしやすい構造」が大事と思う。

100円としてはCGの差分もそれなりにあるし
主人公も敵の妖魔も魅力的でシナリオも楽しめたし
エロの文章もしっかりエロいと感じられたし
フラッシュ演出のオンオフ?とかチュートリアル再確認など設定も充実。
クリア後の後日談や回想も完備など
前述のウェイトや気付けるか以外の点は
総じて完成度が高いと思った。
値段の安さを含めたコスパの良さなのか
DL数も非常に伸びている模様。

ゲーム性は人を選ぶので
是非体験版と公式の攻略を先にお試しするのを推奨したい。
個人的な好みで言うと大当たりじゃないけど良作と思った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

自作ゲーム

erodan ar pic02
セックスバトルRPG
"エロダン アレンジ版"公開中!

カテゴリリンク

アップローダー

Regrets アップローダー
※一般の方のアップロードは禁止です。
管理人以外の方がアップロードしたファイルの安全性は保障できません。

月別アーカイブ