Regrets

今日の出来事やゲームの話などいろいろ

時間経過による心境変化が無視されている問題(ドスパラ初期不良とUnHolY DisAsTeR)

・時間経過による心境変化が無視されている問題
特にドスパラ関係で多いのだが
実際には複数回の話題として取り扱っていて
時間の経過で気持ちや印象も変わっているし
その後の状況変化も書いている場合もある
(書いていない場合もある)

しかしサーチエンジン経由なのか
とある「見つかりやすい一部分」だけを見て
その内容だけでこちらの気持ちを固定化して受け取られて
その後の変化を無視されているのは非常に辛い。


昨年も確か、新年早々に面倒なドスパラのコメントで
的外れとしか感じないような内容だったため
年明け直後から沈んだ気持ちになったのだが
(コメント自体は削除済み)
今年も新年最初に見たコメントはドスパラである。
当時の問題の記事の時は「激怒」とでもいう心境だったが
現在は関わりたくない「不干渉/無関心」であり
怒りのコメントなどを頂いても
「ご愁傷様でした、良かったらメインのレビューも読んでってください」
程度にしか思わない。


そして今回は
過去作は好きだけど、開発中の最新作の「一部分」に不満のある
エロ同人ゲーム。UnHolY DisAsTeRに関する話。


○はじめに
作者の「はたはた」さんが検索して
否定的意見のブログを見て気分を悪くした
というツイートがあったのだが
その内容が自分のブログとしか思えない上に
軽く検索しても自分のブログが上位に出るため
自分のブログである可能性が高かった。

自分の意見に変化が無く
相手側の受け取った内容が意図の通りなら
特に訂正するつもりもないのだが
残念ながら、現在の気持ちとも違うし
相手側の受け取り方も意図と違うと感じたため
今回のようにブログに書く事にした。


まず自分のブログの内容だが
9月の時点で、開発初期の動作確認版に対し
かなり不満だという意見を記載していた
(2016-09-27の雑記)

記事を今見て、今でも思う言いたい事は
>部分的に好きじゃない要素がある(好みの問題)
>要素が少なく分からない点が多い
>Live2Dの質が良くない
という3点である。


○好みの問題
まず好みの問題は個人の好みなので
品質の評価とは自分は切り分けているつもりだし
見た人にも切り分けて受け取ってほしい。

自分は悪魔城シリーズもそれなりに遊んでいる
(PSの月下、PSPのXクロニクル/同移植内のX血のロンド
PS2のキャッスルヴァニア
GBAの暁月、DSの蒼月/GoL/刻印。全てクリア済み)

探索系の方が好きなのだが
個人的な探索系の本業はメトロイド(2Dのみ)で
2週以上やった悪魔城シリーズは月下くらい
(はたはたさんは逆にメトロイド系は未プレイ?らしい)

探索系悪魔城の周回プレイを行わない理由は
自分が「100%クリア好き」で「短めボリューム」が好きだからである。
メトロイドは100%を目指しても難しすぎず
長くても数時間で終えられる。休日にワンプレイなど
程ほどの時間で楽しむのに最適だ。
同じ理由でロックマンXシリーズ(主に1や2)も大好き。

一方の悪魔城は
旧シリーズは高難易度かつ探索要素は少ないし
探索系も「レアドロップ品」「RPG的成長要素」などで
気軽に100%を目指して遊ぶには
少し時間がかかるし、運要素もある。だから遊び難い。

これをエロ同人ゲームというジャンルにすると
そもそも周回プレイをするゲーム自体がほとんど無い。
上記のリプレイ性が好みな作品自体もほぼ無く
だからUnHolY SaNctuaRyも周回プレイはしていない

それ以外でもDisAsTeRの声が好みじゃなかった等もあるが
それを作者に「自分の好みに合わせろ」
などと言うつもりは微塵も無い。
(なったらいいな程度に思う事はある)

好みと違う点だけに関しては
「自分には合わなかった」で終わりだし
より好みの作品があれば、それを遊べば良いだけである。
今回の例なら、悪魔城よりメトロイドという形だが
悪魔城が低品質とかクソゲーなどとは思っていない。

作品内の問題点や、その数の多さは好みとは別で
時には「好みと反する点=問題点」の場合もあるが
あくまで問題点の解決が結果的に好みな方向性になるだけである。
例:レビュー@幻想ガーデン物語
作物数は多いのに数値設定のバランスが悪く
多くの作物が育てる価値を見出せない点


○要素の少なさ
要素が少ない点に関しては
「動作確認版だから当然」なのではあるが
分からないからこそ、不安が増すという事がある。
ジョジョASBのように、隠していた問題点が
発売直後に明らかになるという例だってある。
(そこまで、はたはたさんを疑ってはいないが)

直近にプレイしていたSCE2が全く好みでなかったとか
期待していた作品が延期など
該当記事に書いていない、別の不安要素も影響してたと思う。


○Live2Dの質
Live2Dの質は、はたはたさんのブログ/ツイッターでも
「自分以外にも不満意見」が見られたし
アンケートでもドット派対Live2D派で
ドット派も少なくなかった印象はある。
上記から、「表現としてLive2Dを使いたい」のではなく
「ドットエロを作らないで済ませるためのLive2D」
という印象を感じてしまい、9月時点のブログを書いたのは事実。


○9月の記事の後の静観
常々言っているが、自分は
「安定した完成版を1週」遊びきりたいタイプで
頻繁に(体験版含め)更新を追わないタイプである。
(ゲーム本体の話、作者の近況とかは好きな人は頻繁に見る)

バグで図鑑コンプ不能になったサキュクエやら
アプデでの改善が多すぎるアーリマン作品などで
どうしても警戒してしまっているのである。

だからDisAsTeRもOP追加版はスルーしたが
1面ボス追加版は、作者ブログで話題になっていたので
印象も違うと思って遊んでみた。


○12月に更新版を遊んでの心境変化
結果的に様々な要素が追加、改善されて
ゲームの遊びやすさ/ゲームとしての完成度が増し
追加のドットエロも良質かつ好みだと感じたので
Live2Dの質への不満は残っていたが
12月に記事として改善された事は書いたつもりだった。

"少し"と付いているなど失礼な点もあるが
「期待できそう」という文章もある

非常に個人的な理由なので
はたはたさんへのコメントには記載しなかった点なのだが
この12月の雑記は「年内ゲームまとめ」と
「ロボ・ピット2のレビュー/攻略」を
年内に仕上げるのに必至で
文章の推敲が足らなかったのだと思う。
だから改善したにも関わらず
露骨に9月の内容を引きずっている。



○はたはたさんの発言/第三者のコメント
そして今現在の話に戻る。
はたはたさんの発言では
具体的な相手のブログを明言していないので
自分のブログかは分からないのだが
既にはたはたさんのブログに知らない方による
相手ブログへの批判コメントが来てしまっている。
(前述の理由から、おそらく自分のブログで合っていると思うが)

しかしそのコメントも自分の意図とは違う
「自分が気に入らない」だけというのは
前述のように"好みの問題"は作品の質と分けて考えているし
「勝手な推測」は、はたはたさん本人のアンケート結果など
元の判断材料となった要素はいくつかあったし
動作確認版だからこそ、静観していた点を
「指摘すればいい」というのは早計だと思うし
一番言いたい「Live2Dの質への不満」は
自分以外での発言もあった

「本編よりエロしか見てない」というのも心外だ
常々「エロくて面白い」のが理想と書いているつもりだが
そんな所は微塵も読み取ってくれないし
周回プレイしていないのも、好みの問題と
エロ同人ジャンル全般への共通事項が理由だから
エロしか見ていないつもりは微塵も無い。
(JaiL Complete editionのレビューや攻略も書いたくらいだし)


○最後に言いたい事
好き勝手言っているのだから
好き勝手言い返される覚悟はあるつもりである。
ただし「意図しない形で受け取られているなら訂正はしたい」

全ての記事を細部まで読めというつもりは無いが
単一記事だけを見て「その意見だけで固定し、心境変化は無い」
と受け取られてしまうのも困る。

アプデで大幅な変化のあった同人ゲームや
先日のSDガンダムシリーズのレビューなど
明確な更新や再投稿があった場合は
その旨を記載したり、リンクで誘導する場合もあるが
細かい日々の雑記の中の1つ1つの話題にまで
そのような誘導を書くのは無理があると思う。

かといって「問題になったから」と
該当の文章を安易に消したり変更するだけでは
誠実な対応とは自分は思えない。
削除は昨年頭のドスパラのコメントのような場合の
あくまでも最終手段としたい

だから今回は、はたはたさん本人へ意見を投稿すると共に
自分のブログの該当の文章は「当時の印象」として残し
12月、そして今の印象は違う事や
その他の釈明などを、こうして記事にしたつもりです。

勘違い含め、意図しない形で手抜き扱いした点に関しては
申し訳ないと思いますし、お詫びしたいと思います。
DisAsTeRを、今も不満だらけで手抜きと思っているのではありません。

ただ、Live2Dの質は今も物足りないので
今後のパワーアップに期待しています
(というか単純に自分がLive2D好きじゃない可能性も高い 艦これ改でも印象微妙だったし)

コメント

貴方は読む気の失せる長文を並べ立てるよりまず、はたはたさんがお怒りになった「Live2Dは手抜き」を冒頭一番に謝罪するべきですよ

Re: タイトルなし

作者側が意図的に編集して引用した
「アンホリは楽をするためにドットからLive2Dに移行しアニメの質も悪く手抜きで不安しかない」
は私自身の発言ではありません。

残念ながら、読む気の失せる長文に書いてありますが

「ドットは大変だからLive2Dで楽させて」
と作者自身が発言し
アンケート結果でもドット派が少なくない中
作者が楽をするため、大きいドットを諦めろというのか!
という事を書いたのが自分の記事と本心であり

{Live2Dへの取り組み自体へ手を抜いている」
「ゲーム本編の制作へ手を抜いている」
という意図は無いという訂正と
誤解を与えた事への謝罪は既に行ったつもりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

自作ゲーム

erodan ar pic02
セックスバトルRPG
"エロダン アレンジ版"公開中!

カテゴリリンク

アップローダー

Regrets アップローダー
※一般の方のアップロードは禁止です。
管理人以外の方がアップロードしたファイルの安全性は保障できません。

月別アーカイブ