Regrets

今日の出来事やゲームの話などいろいろ

2015年 ゲームまとめ

さて、毎年恒例だと勝手に思っていたのだけれど
実際には2013年に一回やっただけだったっぽい
(2009年も多少は書いてあった)
今年に遊んだゲームの振り返り記事です。
今年遊んだゲームなので、公開が今年とは限りません
また初プレイに限定してます。再プレイは対象外。


ブログ検索で探すのが面倒で
後々の事を考えていなかったのは問題点でした。
そもそもレビューなども遊んだ日時を書くわけじゃないし
公開した日=遊んだ日じゃないので分かり難い。

さすがに今から2014年分を思い出すのは厳しいので諦めた
2015年分だけでも少し忘れている感じだしね。


○ソーシャル/ネトゲ
元々ソシャゲは遊ばない方ですが
2014年末に放置していた艦これを復帰
(運試し大型建造で武蔵が出たので)

巨乳キャラかつレアらしいので復帰のモチベになったものの
コストは重いし、実用性も悩む所で実際は微妙だった。

冬>春>夏と順にイベントや報酬艦は微妙になり
(特に好みの巨乳艦が少ない)
そもそもゲーム自体が面白い物では無いので
完全に放置。精々話題や動画を追う程度になった。
(その話題も悪い物ばっかりだった印象)
まぁソシャゲ嫌いなんだから当然である。

SPYコレクションとかいうのも2014年末からやったけど
共々、面白いと思わないので放置 or 動画で十分。

ネトゲも基本は遊ばないのだが
マイクラ風ということで遊んでみたTROVEも
様々な要素とプレイ時間の水増しゲーで
非常に期待はずれだった。

○据え置き/携帯機
振り返って気がついたが、新作が無い。
結果的に大好きになった神トラ2や
クソゲーとして記憶に新しいカグラ2は昨年の2014年だし
パッケージを見直しても、今年に買ったと覚えているのは
AC VとAC VDくらい。弟はGTAとか買っていたが……

定期的に遊ぶ格ゲー/メトロイドなどのような
何度も遊びたいと思える作品が全く無いどころか
今後も欲しいと思える商業ゲームが全く思いつかない。

むしろ買うか、くたばれなゲームやメーカーは山ほど出る
CAPCOM、バンナム、マーベラス、テクモ(コエテク)、コナミ
バージョンアップ商法、(悪質な)DLCや完全版
未完成、続編潰し、抱き合わせ……
(メトロイドやF-ZEROを考えると任天堂もか?)

最近のゲームは数値や物量を水増ししたばかりの
プレイ時間だけを消耗させる要素が多いだけに
1つのゲームを「完全と思えるまで」遊びきってから
次のゲームへ行く自分との相性が悪いのもある。
だからこそ、1週のプレイが程々で済む
メトロイドや悪魔城、ロックマン的なジャンルが好きだったのだが……

未クリアの詰みゲーも両手に収まらない程あるから
すぐに新品を買う必要は無いのかもしれないが
新品で買う機会が無い、欲しいゲームが出ないというのは
ゲーム業界から見ても、自分個人からしてもよろしくない
完全に同人ゲーの人になりつつある。

○全年齢PCゲーム
レビュー書いた作品はレビューへのリンクで手短に済ます。
ウディコン作品を調べる事が毎年恒例になりつつあるため
ウディタ作品がかなーり多い。
(そのため、ここに書かなかった作品も多いが)

>片道勇者Plus
フリーゲームだった無印の片道勇者から
追加要素を加えて、500円と低価格だが有料になった完全版。

前作の強すぎた点を弱体化しつつ
新要素はお約束でやや強すぎるという、良くある完全版。

運要素も多いジャンルなのが自分には辛いけど
全職業で存分に楽しめた作品だった。

>elona
片道勇者Plusの後に手を出したが
高い難易度と長い時間を要求する故に
数ヶ月で放置してしまった。人生は有限だからね……
ゲーム自体は中毒性は高いと思う。
2DのSkyrimみたいな?

>新入り魔王
レビューはこちら
特徴的な面白い点もたくさんあったけど
様々な問題点で、遊べば遊ぶほど不満が溢れる
ソシャゲやネトゲのような内容だった。
同じ作者さんの新作での改善が気になるけど
現在は、まだ新作は無い模様。

>ゆりかごのそら
レビューはこちら
主要キャラが総じて幼すぎるという問題点があるけれど
良質なアクション、一部を除いて楽しめたシナリオ
キャラや背景/UIまで細かく美麗な作りで
今年に遊んだ中では特にクオリティが高かったと思う
けど、幼すぎるんだよね……

>ぼくは勇者じゃないよ
少し前のゲームだったらしいけど、レビューから気になってプレイ
レトロ風だけど遊びやすく
NPCの会話なども細かく丁寧に作られていた傑作だと思う。

>Rob_It
少しばかばかしいようなギャグ設定の世界観で
合法的?に物を盗んで売りさばいて
それで強化してから戦うというゲーム

通常時の移動が遅すぎてダッシュも無いのが苦痛だったが
それもアイテム回収時用のバランス調整の一環だったり
それなりに面白かった。

>スカイハイ・クロノス・エンドレス
今年のガッカリ枠候補。
とにかく不親切で説明不足が目立つ上に
キャンディリミットを遊んだ後だからこそ言える
やっている事はどちらも同じ「ガチャゲー」

しかも探索やパーツ集めが運な上に死ぬ可能性がある
シナリオの終わりも結局はっきりしていないなど
キャンディリミットよりも面倒くさい。
良かったと思うのは音楽くらいか。

>GIGADEEP
ロックマン風の2Dアクション
気が抜けそうな敵の名前や独特なボイス
仲の良い身内で作ったんだろうかと思えた。

バグや粗も気になったけど
豊富な隠し要素や、ロックマンへのオマージュ?など
作者の愛を感じられた、今年の中では良作だった。

>キャンディリミット
今年のガッカリ枠候補2。
単独のレビューじゃないけど、感想はこちら
ゲームとしても面白い事は少なく
説明不足、シナリオも予想の範疇
多くの要素がスカイハイ(ryと被っていた。
こちらは音楽やグラフィックが
スカイハイ(ryより好みじゃないのも痛い。

○エロゲー
普通のPCエロゲーはほぼ遊ばず
同人のエロゲーばっかりになってしまった。

>烏丸劇場
レビューはこちら
正直に言えば好きなタイプのゲームではなかった
が、知らないと極端に面倒で
知っていれば極端に楽なレトロゲームらしいバランスと
独特の雰囲気やドット絵は良かったと思う。
ただエロも薄めでゲーム性も人を選ぶから
オススメしにくいんだよね。

>BARRAGE!
レビューはこちら
何度も取り上げてる良質な弾幕寄りACT
大味な難易度に見えるけど、攻略を見つけると対処できる事や
豊富な武器/仲間/ビークル、ドット絵の数や動きなど
作者のこだわりと調整を感じた傑作だと思う。
ただエロがあんまり好みじゃなかったのが痛手。

>Bullet requiem -バレットレクイエム-
レビューはこちら
こちらも弾幕寄りのACT
断っておきたいが、自分はむしろ弾幕は好きじゃない部類である。
それでも、巨乳で好みなキャラで程々の探索要素
解像度の高い美麗なグラフィック。
エロは少し好みのシチュが不足していたけれど
アプデで追加されたので、その点も良かった。
一部の難易度/微リョナ要素など欠点もあったけどね。

>UnHolY JaiL -Complete Edition-
レビューはこちら
悪魔城風のACTだった前作から、逃げを主体とした内容に変化
ゲーム性としては好きじゃない方向になったものの
無料のおまけ版からの調整や追加要素も多く
乳へのこだわりが感じられる事も嬉しい点。
ただ、肝心のエロが好みのシチュが少なかったのが難点か。

>風紀剣士アサギ
レビューはこちら
今年の最初は問題作枠だと思っていた。
同サークルの1作目から、エロは良いがシステムが不便
2作目は華麗にスルーし
本作も発売延期など見通しの甘さも目立った。

しかし拘束などを中心とした
エロとゲーム性の絡み合った内容
犯られれば犯られる程弱体化するタイプのゲーム性
不便な点もアプデで対応し解消するなど
エロ主眼とした場合、今年一番の傑作だったと思う。

>フェアリー村ものがたり
レビューはこちら
またまた弾幕寄りのACT
巨乳キャラ多めで特徴的なドット絵は魅力
エロとシステムも一応はかみ合っているけど
どうにも大当たりとは感じなかった。

>もんぱら
プレイ日記が途中で終わってるけど
年内にゲームだけは終わらせてきた
(日記とレビューは来年に書くつもり)

もんくえのパラレルらしく
話の展開も部分的に異なるシナリオや
快適さとキャラの個性も工夫は感じる。
作りこまれたシステムは確かに魅力。

一方で戦闘中のエロやエロの使い勝手としては
もんくえに大きく劣るという印象で
RPGとしては面白いがエロゲーとして微妙
な、よくある方向性になったのが残念。
(それでもRPGのクオリティは確かなのだが)


○まとめ
ソシャゲは論外として
今年面白かった、一般向けゲームと考えると

1.ゆりかごのそら

2.GIGADEEP

3.片道勇者Plus

ゆりかごのそらは
アクション/ED以外のシナリオも良く
グラフィックやUI、音楽も好みだっただけに
文句無しで1位だと思える。

2位と3位も、安定度として考えると片道勇者なのだが
ゲーム内容がよくある完全版だった事も考慮すると
粗はあるが競合相手の居ないロックマン系だった
GIGADEEPを上にさせてもらった。

GIGADEEPは無料で
片道勇者Plusは最安500円だし
ゆりかごのそらも、メロンブックスDLで
DL販売に対応しているらしいので
気になる方は公式サイトを検索して欲しい。

エロゲーだと

1.風紀剣士アサギ
風紀剣士アサギ

2.Bullet requiem -バレットレクイエム-
Bullet requiem -バレットレクイエム-

3.UnHolY JaiL -Complete Edition-
UnHolY JaiL -Complete Edition-



拘束エロが大当たりで、問題点もアプデで解消したアサギ

少し足りなかったエロの当たりを
アプデで追加してくれた
Bullet requiem -バレットレクイエム-

上記2つに比べると、ゲーム性もエロの当たりも少なかった
UnHolY JaiL -Complete Edition-

こんな感じ
次ぐのは、エロ要素が少しハズレ気味だったBARRAGE!
同じくRPGとしては面白いけどエロの当たり皆無なもんぱら
こんな感じだろうか。
実はかたわ少女もプレイしたのだが
エロは薄いしトップに入る程では無かった。
(レビューは来年で)

UnHolY JaiLはアプデの予定もあったのだが
早くとも来年2月とからしいので
そちらで好みのシチュの増加に期待したい。

ちなみに実用性の面だけで言うと
サキュバスネスト
普通にサキュバスネスト辺りも入ります。
ゲーム中のリアルタイム拘束エロが好きなんでしょうね。


番外
今年のガッカリゲー枠。

全年齢はやはり
キャンディリミット(時点でスカイハイ(ry)
相性の悪い運ゲーで面白さを感じる場面も少なく
単純に苦行>面白さという事が最大の問題点。

そしてエロゲはMaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~
いや、もうゲームはやっていないのですが
振り返って思い出したついでに公式を確認。
「まだ完成していないんですか!!!!」

まぁ遊んですらいないので、これ以上の言及はやめよう
死ぬまでに完成すればいいですね~っと。
他にも延々延期で完成しそうに無いゲームがそれなりの数……
そういったゲームこそジャンルが大当たりだったりしているので
余計に悲しいんですよね。


今年のゲームまとめは以上
来年も好みなゲームが出てくれますように……

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

自作ゲーム

erodan ar pic02
セックスバトルRPG
"エロダン アレンジ版"公開中!

カテゴリリンク

アップローダー

Regrets アップローダー
※一般の方のアップロードは禁止です。
管理人以外の方がアップロードしたファイルの安全性は保障できません。

月別アーカイブ