Regrets

今日の出来事やゲームの話などいろいろ

雑記

・スーパーメトロイド
ハックロム系も最近は遊んでいなかったけど
久々に本家を遊んでみようと思いプレイ。

久々のプレイでも危ない事も無く100%クリアできた
記憶の方ももちろんだけど、その適度な難易度が良いね。
ハックは大体が高難易度寄りに再調整されているし
面倒なギミックや要求テクニックも少ないのが楽。

ちなみにクリア時間は1時間40分だった。

・ロックマン クラシックス コレクション
昔の1~6を収録し、資料やおまけモードも追加した作品
これが来年に発売予定らしい。
言ってしまえば焼き増し、再利用じゃないですか。

FC時代のソフトが入手し難いから~
なんて言い訳も、昨今はVCやGAなんて物もあるし
移植物でも安心できないのが実情。

公式サイトの「ロックマンとは?」の説明で
過去の累計販売本数や他ゲームへのゲスト出演
"今も変わらない人気を誇る"なんてありますが……

豊富な外伝作品もほぼ停滞、完結していない物も少なくないはず
肝心のコラボ等も素/X程度で外伝系は少ない印象。

自分はXシリーズとDASHが好きで、一応全作遊んだと思うけど
(Xは7以外は今も全部所持、コマミもあるけど途中で放置)
今も人気と言うより、過去の栄光という印象しか無い。

今も人気と言いながら、マリオやソニックのように出番も新作も無い
公式からの扱いすら良いと思えない今
仮に好きなXシリーズの、まとめ再移植とか出ても自分は買わない。
(前述の通り元々のSFCカセット等を所持済みだし)
完全新作なら様子見程度はするだろうけどさ。
それくらいに今のカプコンは好きじゃない。
逆転裁判も長々と続いているけど、3で綺麗に終わった方が
印象が悪くなる事も無かったんじゃないかと思う。

・キャンディリミット
ウディコン1位になった作品
当初はプレイする予定は無かったけど、気が向いたので遊んでみた。
※ネタバレが含まれるので未プレイの方は注意、一応、直前にも警告を書いた。

当初はネタバレ排除のレビューを読んで
何か一癖はありそうな作品という認識だったけど
良くも悪くも一発のイメージが大きいゲームだった。

経営SLG風の部分は一般的なイメージに近いと思う。
ただ人物やお菓子などの書き込みは味はあるけど軽め。
探索での素材入手も客の行動も運次第ぽくて
借金や返済期限のようなものは最初は無いが
加工や売り上げによる発展も目立たないため
経営SLGとしては特別に面白いとも思わない。
(レミュ金なども作業感が目立つので絶賛したいわけではないが)


途中で解放されるパート、所謂ネタバレ厳禁の部分も
確かに最初は驚いた。けどそれ以上の物は自分は感じなかった。
後の展開も残念ながら予想できてしまい、そしてその予想は的中した。
予想通りで程々に面白い展開という感じ。

前述の通りグラフィック面は程々
ゲーム性は正直低く、シナリオも驚きはあるが素晴らしい程じゃない
BGMの使い方などは良い感じだと思ったけど
正直に言えば、これがウディコン1位になるほどか?と思った。
そんな感想を抱いてから
ネタバレを含む他の方のレビューを見てみた。

他の方の指摘の通り
まず、驚きを演出するために
ネタバレ部分の演出もゲーム性も説明不足だったり
何がネタバレなのかという事もユーザーの裁量依存だったり。
販売部分の作業感と後半のインフレは確かにガチャゲーっぽい
そしてガチャゲーによくある、余った素材の活用手段が無い。

ネタバレ注意 始め
ネタバレが問題ない場合のみドラッグ反転で読んでください



ネタバレ厳禁のロボ戦闘部分も
当然、事前情報は皆無で戸惑うどころか
操作方法も分からない。説明も不十分。
相手への対策も分からない。その対策の調査法も
負けてデメリット無し?でコンティニューして
プレイヤー側が知識を溜めるくらいしかない。
そして対策自体は分かり難い一方、同じ行動の繰り返しで
アクションゲーのように、相手の行動に合わせて変えるような事も無い

オートセーブのみな点も災いし、お菓子販売次第では
厳しいステータスのまま戦闘に入る可能性もある。
エンディングまで一本道なため
販売ノルマでのゲームオーバーも無い故である。
(実際、初回はひたすら寝るだけ寝続けて戦闘になって驚いた)

途中での開発が封じられる展開も含めて
徹底した一本道で縛りプレイのような内容のため
決められたレールを走らされている感じが非常に強い。
そこからの復帰も事務的に「しょうひんが開放されました」で
もっと主人公の心境などを表す言葉に出来なかったのか?とも思う。




ネタバレ部分終了

振り返ってみれば、ネタバレ厳禁も納得である
実質このゲーム、そのネタバレ部分での衝撃こそが最大戦力で
他の要素は何れも超傑作という程ではなかったり
縛りや制限や作業感の目立つ要素が非常に多い。
まぁ自分のようにネタバレしていなかったとしても
最初の驚きだけで、その後が予想できちゃった人も一定数居ると思います。
続きが気になるのは事実だけど、予想できてしまう上に予想通りで
しかもその道のりは「走らされている」感じ。

ノベルゲーでありがちな
人物の行動にプレイヤーが介入したくなる
けど、当然一本道なので介入など出来ないで
よろしくない結末へと進む事も避けられない。

クリックと選択肢の選択程度で進むゲームと違い
自ら素材集めや開発/営業をしなければゲームは進展しないのに
それで帰ってくる結果は常に1つだけ
バッドエンドも分岐も無いという意味での退屈さ
この点の違いだけでも、ノベルゲーよりさらに窮屈に感じました。
(営業せず寝続ける行為をした人も一定数いると思いたい)

某激辛レビューの赤松弥太郎氏のレビューにもほぼ同意できた。
自由度が全てというわけではないと思いたいけど
肝心のゲーム内の要素はどれも程々で
それをやらされている感が強いからこそ
1位って程かな?と思ってしまった。


エロ同人関連は続きから


・機核覚醒~機工姫ルース~
機核覚醒~機工姫ルース~
長らく放置していたけどアプデの事を思い出し
もんぱらのRPGに飽きたので久々にアクション系として遊んで見る事に

が、途中で投げてしまった。
原因は追加要素のバランスの悪さと
過去にも書いた、解禁要素の作業量の多さ。

この作品で自分が魅力と感じたのは
軽快なアクションと程々の探索要素なのだが
多くはアイテム回収の寄り道程度で
メインルートは一本道に近いため
2週目などでは探索の必要性がほぼ無くなってしまう。
そしてアクション部分も、浮かない敵などが後半は増えるため
コンボを狙う楽しみという点でも楽しさが減る。
ボス戦なども周回時しか再戦は出来ない?ので
これまた戦闘要素を楽しみ難かった。

おまけに技の強化などの解禁要素は
これ等の"攻撃命中"や"ボスの撃破"が条件で
しかも各数値を消費して解禁する。
ボスを5回倒しても、5回倒すの条件を解禁すると
ボスを倒した回数が0に戻ってしまうのだ。
おまけに条件の数値もかなり多く数千とかザラ。
豊富な強化要素があっても
それを得るまでの作業が膨大すぎるので
解禁する楽しさより作業感が強くなる。
自ら目指すのではなく、やらされている感じだ。

そして問題のアプデでの追加ステージ
これが自分の大嫌いなソシャゲやガチャゲーを真似た物で
攻略法も思いつかないような面倒で理不尽な構成を
ゲーム内ポイントのKAKIN値を使って
強武器やコンティニューをして攻略するという
アクションとしての達成感や腕の上達など感じられない
そもそもガチャの使用も、ダンジョンの罠等の仕様も
強制縛りプレイみたいで非常に窮屈。

ただでさえ主人公の強化も作業的だったのに
ガチャでの強性能集めなどもさらに作業的。
実際の課金ではなくお金が関わらないだけに
KAKINを渋るのもバカらしいが、ゲーム内では
非課金も課金も相応に煽っているので
煽る暇があればバランスを適正に調整しろと思う。

初回プレイ時は80点くらいかな?
という好印象だったのだが
再プレイ時は面倒さが目立ち70点か?となり
トドメに追加ステージが大嫌いなタイプだったのでゲンナリ
サークル自体の印象まで悪くなったよ。

作者本人が面白いと思っているのならともかく
自ら、「バランスが悪い」とか「中途半端な完成度」
見たいに書いてあるっぽいのが余計に不満が溢れる。

・Anthophobia
Anthophobia
横スクロールの探索ホラーACT
販売開始前から知っていたものの
海外制作者という事を考えても
情報が少ない上、過去にデモ版を遊んだ印象も良くなかった

長所はとにかく「よく動くドットアニメでのエロ」だろう
主人公から背景キャラまで出来は良かった。
が……

まず一枚絵の方はあまり好みでは無い
最初に公式サイトや販売サイトの大きいイラストを見たとき
銃を構える主人公が男かと思った。顔が怖いからだろうか?
ホラーゲーだとしても、他のサンプルも顔が怖い。

DLsite/公式サイトのデモ版にも
ゲーム本体だけで説明用のファイル等が無い
ニューゲーム時にチュートリアル的な物はあるが
簡単な操作説明のみのため
例えば機械は何のために動作させるのかとか
NPCの女ゾンビ?の挙動や連れて行く理由などがさっぱり不明

探索も一方通行が多く
オートセーブで戻れなくなったりするため
探索漏れや取り逃しの問題も発生する。
その癖、収集要素などがあるらしく集め難い。

ゲーム本編の難易度も高く
雑魚ゾンビ程度はタゲ引きでの1体ずつ処理で対応できるが
波状攻撃となると雑魚ゾンビでも厄介だし
タフなゾンビ、操作不能にする種を出す敵なども厄介。
操作不能からハメ殺しになるので
オプションの難易度設定も効果があるのか疑問。
自動セーブのコンティニューポイントも間隔が広いため
かなり戻される事が多いのも悲しい。

攻撃はどちらも制限があり
近接はスタミナ、射撃は銃弾+音での敵誘引もある
それでも進むだけなら、探索漏れなどもありながら進めたが
CGギャラリーはあるのに、ドットエロ鑑賞が無いっぽいのが致命的。
製品版のクリア後などはあるのかもしれないが……

トドメに、DLsiteの販売価格が異様に高い。
海外サイトでの販売もされているため
そちらで買えるならモザ等の面でもDLsiteは劣化な気がする。
(広告貼っているのは紹介用なので、要注意)

時々ある、ゲーム性とエロ要素がかみ合っていないゲームな印象
アプデでの改善があればワンチャンという感じで
レビューや攻略が増えるとありがたい。
英語でも、分かりやすくマニュアルならマニュアル
攻略なら攻略のページとかがあれば助かるのだけど
雑多な内容の精査が難しい掲示板やブログだと
欲しい情報を探すのが大変だね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

自作ゲーム

erodan ar pic02
セックスバトルRPG
"エロダン アレンジ版"公開中!

カテゴリリンク

アップローダー

Regrets アップローダー
※一般の方のアップロードは禁止です。
管理人以外の方がアップロードしたファイルの安全性は保障できません。

月別アーカイブ