FC2ブログ

Regrets

今日の出来事やゲームの話などいろいろ

雑記

今日はネタが多い。

・EXVSFB
家庭用の発売日が決定したり
エピオンがゲーセンで解禁されたり。

けど、相変わらず嬉しくない。
欲しくもならない。

続編の話も聞いたけど
AGEやペーネロペーにパーフェクトストライクとか
これまた嬉しくない。

・BBCP 家庭用
こちらも発売。
お約束で家庭用の専用モードも豊富らしいけど
何だか発売後の情報が少ない。

豊富すぎるDLCを見てやる気を無くしたり
アンリミの開放手段が分からなかったり
相変わらず、一部のDLCはアンロック形式っぽいし
またすぐに続編が出てDLC込みなんでしょう?
とか考えてしまう。

スト4もBBも、その辺りで敬遠するようになったからね。
UMvC3は、未だに続編もバージョンアップも来ないので
その点で逆に助かってる。既存のキャラ数とかに不満少ないし。

・コメント
久々にコメントをいただいたと思ったら
スーパーゼロミのレビューに関する
批判?なのか分からない意見だった。

どうしよう、何が偉そうなのか分からない。


以前に、ガンダムアサルトサヴァイブのレビューで
自分がイライラしていたり
ゲーム的にも作業的側面が強かったり
売りの原作再現や参戦機体にも欠点があったり
と、トゲトゲしたレビューになった結果
自分の伝えたいことが伝わっていないような感じで
批判的なコメントを頂いた事があります。

その後、少しはゲームへの不満も納まり
冷静に?なっていたと思うので
コメントも参考にレビューを加筆修正したりしました。
ガンダムWシリーズが好きなのに種好きにされてたからね
種が嫌いなわけじゃないけど、好きなシリーズ飛ばされて
UCを91まで+G~∀を飛ばして種と00とか
そりゃ不満も出るよ。

その時は、コメントのおかげで
レビューを見直すきっかけになったので
喜ばしいことだったのですが
今回のコメントは修正案が思いつきません
何を改善すればいいんだろう。
ご意見歓迎なので、宜しければ
再度、詳細なコメントをください。

・ブーメラン
MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~でも
上記のスーパーゼロミでも思ったことなんだけど
何も言わなければ不満が出なかったのに
作者自らの発言で、評判を落としたと思う事がある。

スパゼロの場合は、散々書いたけど
作者本人は「ブレイクで作者の想定を壊すのが楽しい」
と発言しながら、自分はブレイクを必死で潰す。

「オリジナルが遊べる程度の腕があれば」
と言っていたと思えば、酸に針に序盤から即死のデスギーガ
そして後に問題の文言を変更。

もちろん調整で改善された点もあるし
広すぎるマップや高難易度という点は
単純に自分の好みとの不一致だから別問題だけど
作者側の発言が違ったら
発言内容と実際のゲーム内容の差で叩かれる事は減るはず。

予め、TAS向けや超高難易度と言われていれば
ハック入門者や低難易度好きは挑みにくいし
仮に遊ぶにしても、高難易度なのは承知だろう。
(コメントの方も、最初から上級者向けと言ってれば……)
とあったしね。

そもそも、不具合対策以外で
露骨にブレイク阻止のために頻繁に更新した作者は
スパゼロ以外では、ほとんど印象が無いのである。
結果、自分やコメントの方
改造メトロイド関連サイトのコメントなどでも
最近は批判意見が少なくない。

そして、MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~
これも同様。

○月×日に発売!と言って延期
不具合は直した、消したと言って再発。
バランス調整と言いつつ、安定しない調整や修正が多い点も
ブレイク対策していた所と似ている。

スパゼロはコメントで
「無料で遊ばせてもらってるのに」が付いていたので
あえて書かせてもらうけど
MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~は有料での販売。
しかも未完成状態を作者が認めた上での販売。
レビューサイトでも有料βとか、不具合が多くて諦めたとか
そんな意見も少なくない。

自由度が高そうに見えて
作者の想定通りの動きを要求される点も似ているか。
どちらも、自分が非常に期待していた
好きになりそうだった作品というのも同じ。
悲しいね。

・SQDT
サキュバスクエスト好きの皆さん。
SQDTで検索してみて欲しい。
至急、検索してみて欲しい。

http://sqdt.sakura.ne.jp/

これは……夢?

wiki、某大百科、掲示板も調べてみたけど
現時点での情報は皆無だった。
DLsite側の「SQDTへのリンク」も修正はされていない。

復活したと思う程、おめでたい思考はしていないと思うけど
一応はSQDTのサイト側の内容
ある程度のリンクやブログも、過去と同等の内容に復活している。

まさか無関係な人がサイトのコピーを作ったのか
関係者が、サイトの継続だけは行うという意思があるのか?
今後が気になる。

何と言っても、同人でのエロRPGを
ある程度、流行させたと思ってるし
活動できるなら、応援はしたい。

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

雑記

・ジョジョ(ASB含む)
ようやく、念願のSBRを全巻読み終えた。
好みの順に並べると

3部>4部=5部=SBR>1部=2部>6部
こんな感じかな

3部が好きな理由は、シンプルなスタンドが多い点と
結末が、ボスを倒して終わりと綺麗だからだと思った。

1部は実質相打ち以下、2部も倒したとは言いにくい
4部は勝ったけど少し個人的には煮え切らない
5部は訳が分からない事で有名なアレ
6部も勝ったと言っていいのか疑問。

3部と4部と5部は某ゲームの影響で好きなキャラが多い。
(1部はゲーム的にも微妙)

一方で4部以降は「ややこしい」というスタンドが多い。
4部/5部/SBRと6部の差は、好きなキャラの数かな。
1部と2部は好きなキャラやスタンドの面で
他の部に負けてるけど、話はシンプルで嫌いじゃない。

ちなみに8部は今の所好きじゃない方に位置している。

そしてSBRを読んだから言える
ASBはキャラもステージも物足りない。

プレイアブルキャラになっているのに
該当の場面がステージになかったり
ステージがあるのに該当の場面のキャラが居なかったり
足りない分はDLCだったり。

連載中の8部は仕方ないとしても
6部とSBRの少なさは異常だよね。
ウェカピポやディエゴは物語的にも重用だろうに……
マウンテンティム辺りも好き。

特別演出の1つのシチュエーションフィニッシュも
対応するキャラが参戦していなかったりするよね。

・遺跡島と7つのまほう
2週目も終えたのでレビュー投下
楽しかったのは間違いないけど
魅力の戦闘は、抜刀>七転抜刀のループが強すぎて
HIT数が増えるとSP回復も増すので後半はヌルゲーだった。

プレイし終わった後も
バランス調整の更新が続いているらしい
ユーザーさんの意見を取り入れようという姿勢が感じられて
嬉しくなりますね。

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

レビュー@遺跡島と7つのまほう

今回のレビューは「遺跡島と7つのまほう」です。

本作はエロゲではありませんが
例によって若干のネタバレに注意してご覧ください。

続きを読む »

雑記

・ラーメン
久々にラーメン
二郎 インスパイア系という物らしい。

麺は固め、スープは思ったほど脂もきつくない
そして多いもやし、キャベツ?は少なめだった。

口内炎にしみたり、味も好みじゃなかったので
もう食べることは無いだろう。
量も多いので正直しんどかった。

・ASB
意外にも?
ジャンプ硬直にガード不能時間を設定する
各キャラの技性能を一括ではなく調整など
格ゲーらしい調整が行われたパッチが来た模様。
(つまり、前回のバージョンの酷さと手抜きも際立つ)

イージービートや理不尽だった喰らい逃げのバースト系
弱すぎて選択肢として微妙だった投げの強化など
触りの評価は悪くないということで
駄作から並程度に持ち直したという評判か?

評判の悪いキャンペーンモードも
根本の改善ではないけれど、ENの回復が
「モード内でのみ高速」から「全モードで高速」に変更。
これで、EN回復待ちのためにキャンペーンで放置して
他で遊べずという不満が消えた?

さらに今後の調整予定も発表されたので
今回のバージョンの対戦バランスは今後の調査次第だろう。
もちろん、悪い話題が出るかもしれないが
その点は仕方ない。

ただ、オンラインのラグ関連と
キャラ選出やDLC関連は追加情報や改善も無いらしい。


というか、改善したのは事実だけど
この程度で「格ゲーとして良作」とか「最高峰」とか
そりゃないだろ……


エロ同人関連は続きから

続きを読む »

雑記

・BBCP
以前に遊んだのはBBCS+マコトのDLCが最後のはず。
そこからの調整やキャラランクも知らなければ
ストーリー面も分からない。

そしてCSも全キャラを遊ぶ前に力尽きたので
どのキャラの性能が好みかも分からない。

気になるのは投げキャラのテイガーとバレット?
当身という点ではハクメンもいいけど、別の意味で評判悪いっぽい。

ライチやイザヨイやマコトは見るだけでもいいかも
上の中ならマコトとバレットが好きっぽいけどね。

・遺跡島と7つのまほう
某レビューサイトで紹介されてから
ずーっとコレばっかり遊んでいます。

簡単に言うと?探索系のアクションRPGで
雰囲気的にはゼルダの伝説や聖剣伝説系かな?

自分は悪魔城やメトロイドの2D探索アクションが好きだけど
探索系という点は似ているし、本作も長所と短所が明確。

詳細は後日レビューする予定ですが
コツを掴まなければガードも回避も難しい戦闘。
けど、コツを掴んだ途端にヌルゲーにもなる。

魔法の状態異常付加を利用した連携や
主人公のスキルをキャンセルしての連携。

戦闘中でも敵に応じて
ショートカットキーで手軽に装備変更
(もちろんメニューを開いて熟考して変更も可)
直前ガードでSPの大幅回復+被ダメを1にする
など主人公側の強みも多く。
敵側も初見では行動パターンや技が分からないので
緊張感や事故死もありえる。
とりあえず、パートナーと主人公は引き離して
攻撃に夢中にならず適宜クリティカルガード狙いが大事かな?

自由度が高い場所が多く迷いやすい
エリア間の繋がりやセーブポイントが地味で分かりにくい
けど、マップに溶け込んでいるというだけで
セーブポイントの数は豊富だし
マップも地上と地下/上下左右と素直な繋がりで
分かりにくい理不尽なワープ等は無い
行きたいマップの近くを調べれば道は繋がるレベルだ。
新能力を得て、新たな道が開けるお約束もあるので
入手した能力で、次にどこが進めるかを覚えて考えるのも大事。
立て札/先生/怪しい地形などヒントも少なくない。

自分のレベルに不相応な敵と戦う事もある。
ランダムでボス扱いのお尋ね者に出会うこともある。
けど強敵の多くは無理に戦わずに逃げても大丈夫。
今、勝てないなら後に回して成長してから叩けばいい。

マップ素材は他で見たことがある物なのに
非常にハイクオリティでセンスが良いと感じる。
音楽も非常に雰囲気にあっている。
マップ毎に雰囲気と音楽が変わる広い島内を
これまた快適な速度のダッシュで駆け回るだけでも楽しい。
ちなみに任意の地点へのワープは無いけど
魔法を利用したショートカットや
一度行った特定の場所を移動できるトロッコや船など
実はショートカットとマップの繋がりが豊富。

敵毎のレアドロップや裏ダンジョンに2週目プレイ
ヤリコミ要素も豊富だ。

メトロイドやロックマンDASHで大好きだった
1つの惑星や島が、しっかり繋がっているというのが
最高に楽しかった。

作者の好みを重視した結果
万人受けはしない作りになったとは思うけど
それでも、一応はヒントや救済措置なども少なくなく
死ぬのは一瞬だけどリトライもしやすい
作者さんなりに考えられていると感じた作品です。
不満点の一部はアプデで対応されているしね。

好みだな?と思ったら迷わずプレイ。
合わないなと思ったら無理しないのがオススメです。

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

 | HOME | 

自作ゲーム

erodan ar pic02
セックスバトルRPG
"エロダン アレンジ版"公開中!

カテゴリリンク

アップローダー

Regrets アップローダー
※一般の方のアップロードは禁止です。
管理人以外の方がアップロードしたファイルの安全性は保障できません。

月別アーカイブ