FC2ブログ

Regrets

今日の出来事やゲームの話などいろいろ

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。
(ロボ・ピット2に初?拍手が来たのでうれしい)

・DOAX3
キャラ削減やらで「完全版が出る」と予測し
過去作の傾向から「エロで釣って作業ゲー」
と予測し、まぁ大体当たってたんじゃないかと思ってたが
ようやく完全版が発表されて追加キャラ……って
新キャラの追加で旧キャラの復活じゃないのかよとなる。

エロ釣り作業ゲー部分の改善も信用がないし
本家5?からの見た目変更で好き嫌いも大きく変わったし
何より追加キャラ(主にマリー)が見た目的嫌いな要素山盛りで
乳揺れも自分はわざとらしい旧作が好みだったけど
新作は自然?な方針に変更されているし

清々しいまでに自分の中のNGまとめセットみたいな感じだけど
PS4版は今度は規制だのなんだのの噂まであって
否定しようにも似たような例で新作は規制?
旧作からアプデは免れるみたいな例や話も見つかるし……

ゲーム部分が苦行過ぎて価値を見出せないと動画で十分となる
ゲーム内容を第三者が切り売りするようで
ネタバレやら権利的にも肯定/推奨できないとも思えるのだが
だったら素直に「ゲーム部分も楽しめるようにして売れ」が本音。

・スカガ
似た話題で、他の格ゲーのエロ演出に関して
話題やら意見が出ていたのを見たりして
やっぱりここでも自然派/過剰派(アニメやゲーム的)で分かれていた

自分がスカガのエロ的な見た目が気に入ったのは
爆乳が多いだけでなく、演出面も過剰寄りだったのだと再認識した。

もちろんエロ以外の部分も見た目は非常に素晴らしいし
評価も高いとは思っているんだけどね。

ゲーム性部分はハチャメチャでUMVC3系なのはいいのだが
いささか補正切り系が強すぎてやはり合わない。
すっかりプレイはしなくなってしまったが
未視聴の動画を暇つぶしの作業中などに垂れ流して
上手な人の連携や読みあいなどを楽しませてもらっている。

・その他ゲーム関連
昔から詐欺的な売り方やアプデでうんざりしてきたが
最近も似たような案件が多発していてゲンナリ
おまけにお約束でメディア関連も悪い点スルー
そんなんばかりだからますます様子見体質にもなる。

で、過剰な叩きではなく「悪い点も」書いてくれる
(主に個人の)レビューとか意見が非常に参考になってありがたいのだが
某格ゲーのアプデでも問題を感じた。

その格ゲー以外でも多々あるんだけれど
アプデの上げ下げが「長期のやりこみ」を否定してしまう問題
上位を下げ、下位を上げ平坦になればよくなると思っても
実際は別の目立った上位/下位が出るだけだし
おまけに個性がないほど平坦化するとそれも面白くない。

そしてユーザーはアプデを拒否する権利は基本ない。
大会などは最新版で競うのが基本になるだろう
同キャラばかりでうんざりした大会の記憶も多少ある。
アプデがないから強キャラに集まるのに対して
アプデで上げ下げがあったからキャラが固定化されたら
固定化という結果は同じになってしまう。
問題の格ゲーの場合は、調整の内容に一貫性がないのも問題。
(「自キャラが弱体化で不満を言うこと」が問題ではないが論点ずれも見た)

アプデなしならキャラ選択も自己責任だが
調整が原因なら、メーカーの責任と感じるのもわかる。
異なるキャラで、やりこみで個性を引き出して勝つ
(時には相性差を覆して)というのは見ていて気持ちいい。

一方で変化した強弱に「適応する速さ」を競うように
キャラが固定化してしまった大会を見るのは切ない。
キャラ別で優遇不遇の差があればなおさらである。
(個人の感想です)

それでいて今回の件は「不満を封じる」かのような対応も見え
ますます、都合の悪いことは言わない/言わせないという
商業メディアの悪い点まで感じてしまう。

実を言うと不満を言った側に対して意見した
該当のプレイヤーは過去から嫌いだったりもしたのだが今回で悪化したし
eスポーツとかいうのも「ゲームの上手さで称賛される」
という部分なら肯定したいのだが
実際は大してゲームが上手いわけでも、若手の指導者になるでもなく
ただメディアに出てるだけのタレント的立場な人がいたり
今回のようなアプデ回りや都合の悪い点の隠蔽など
ゲームの上手さで競うのではなく
メーカーやスポンサーのための見世物という雰囲気の方が
強く感じてしまうので、自分は応援したいと思えない。

エロ同人関連は続きから
今回は簡易レビューと冬セールのオススメで
広告多め+長めです。

続きを読む »

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・DBFZ
ついに始めたものの……

全体的には演出は非常に素晴らしく
「原作再現を意識」しているのと同時に
「対戦ゲームとしてテンポや理不尽さ」も大切にしている印象。

大して上手ではない自分からでも
崩しが弱く感じてしまうのは少し残念かもしれないが
理不尽さがないためセオリーさえちゃんと学べば
初心者の入門にも向くと思う。(後述の話題にも繋がる)

理不尽さを軽減した結果
UMVC3のような大味でむちゃくちゃな展開が恋しくなる事もあり
それはうまく別々のゲームとして楽しめたらいいと思う。

細かいが無視できない不満としては
超悟空のメテオが原作っぽい感じの技じゃないこと
自分が知らないゲーム由来の技だったりするのだろうか?
他キャラは大半が原作意識してる動作だと思うし
単純に自分が網羅できていない劇場版やら
超とかの新しいアニメ系の要素は分からないでも仕方ないと思える。

・格ゲー初心者談義
DBFZとかで格ゲー初心者談義が
延々とループしてるのを何度も見て
自分が長々と言っても意味がないとは思うのだけど
軽く言いたいことだけまとめたら

ボタン連打とか雑プレイで勝てないのは当然
有利になったら攻める/不利Fにならないように固めや
どこで攻守を入れ替えるかという読みあい
なんていうセオリーを学べば十分参戦できる
みたいなのが理想的だと思っていたわけです。

で、説明書やらゲーセンのインストやらで
説明を読んだだけでは到底わからないような
小技やテクが大前提になっているゲーム。

自分は攻略本/wikiとかがあれば
それで調べるのでまだなんとかなっていたけど
メインの対戦相手の弟はその辺りを覚えたがらないし
覚えない。そしてまともな対戦にならない。

実際に苦労したタイトルは山のようにあるけど
そのゲーム自体が悪いわけじゃないと思うので割愛。
シンプルで参入しやすい格ゲーを探すしかなかったなかで
割と悪くなかったのがエンドレスデュエル
セオリーは簡単な方だし、我が家は強キャラもあまり使わなかった。
そして先に話題に出たDBFZもシンプルで参入はしやすかった。


ちょうどソウルキャリバーVIも期待していた
(下手だが昔はIIIをむちゃくちゃ遊んでいたので)
ただ情報的にはいろいろ不安要素もあったし
DBFZを先に選択したという感じ。

弟が自分くらい真面目に格ゲーやればいいんだけど
まぁそりゃ無理だし、自分もゲーセンとか
見ず知らずの人とオンライン対戦とかすると
緊張で死にそうなチキン野郎なので色々問題だらけだ。

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・口内炎
口内炎の酷さが年内でも上位のレベル。
喉にできたが、痛すぎて頭/鼻/耳まで痛い
リンパ腺?も口内炎の酷い右側と、マシな左側で
触った感じが結構違う。食事も困るのではやく直ってほしい。

・ブログランキング
趣味でやっているので、順位とかはまったく気にしていなかったけど
某油の人が「更新をがんばっても上がらない」など
モチベにしている人もいることは知っていた順位機能。
(記事内で、押して押して!みたいな誘導する人は苦手だが)

試しに見てみたら、更新したのに下がったり
更新しないのに上がったりしていてさっぱり理解不能。
推測だけど、上位勢などがアクセスが伸びれば
相対的にこちらが落ち、逆なら上がるような気がして
そして、上位勢とはなんだ!とみてみると
いわゆるまとめブログやソシャゲ系の攻略やら

これも推測で申し訳ないけど
じゃあソシャゲが更新してアクセスが上がると……
となって、あんまりこんな順位を
モチベにしていても気に病みそうだなと思った。

・EXVS2
自分は全く興味なし、しかし世間的には大人気?な模様
新規参戦機体もとくに好みなものもないし
惰性で都内某所などの動画を見るだけになると思う。

動画編集がいろいろ大変らしいし
その辺りに投資しているらしいのは大変だなーとは思う。
続く限りは惰性で見させていただこう。

バランスに関しては
稼働初期だし、そもそも未プレイの自分が言ってもしょうもないと思う。
前作の変形照射と着地を狙えないゲームはかなり好きじゃなかったのだが
今作は着地を狙うゲームになっただろうか?

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・体調
なんだか不運なことが連続で発生し
おまけに口内炎がかなり酷くなり辛い。
一瞬回復傾向かと思ったら、完治せずまた悪化したりする。

・プレイ時間と疲労
今年はブログ更新が減った気がするのだけど
原因を考えてみた。

軽く思い出すだけでも
今年は数少ないゲームに時間をかけている気がする。
エロゲーは暇つぶしRPGシリーズの
自己満足+まったりプレイがいい感じ
さらにエロゲーをやるモチベが湧かないことが増えた気がする。
(エロゲーレビューをお待ちの方には申し訳ない)

全年齢はスカイリム、ガンハザードから
マイクラ+MODなど、やっぱり時間がかかりすぎている。

自分のレビュー/攻略は趣味だけど
ライターの人なんかでも時間がかかる労力のわりに
お金にならないなんて話をみてやっぱりそうなのかとも思ったり

そもそも調べたけど投稿しない
(他の人向きに文を綺麗にしたりする手間を省いた)
自分専用の攻略メモが大量にあったりするわけで
本当に「調べること」と「稀にそれを投稿すること」
が自分の自己満足になっている。

連日更新して
最新ゲーム情報とかをまとめる人もすごいと思うけど
自分はこの趣味的な感じで
(体力などで頻度が落ちつつあるとしても)続けていきたいと思う

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・Steam
ガンハザ攻略を終えたのでSteamで適当に新作を買ってみたけど
絵はまぁまぁすごいけど、キャラもシナリオもゲーム性も
何もかもが微妙であっさりやる気をなくしてしまった。

クリアしたらタイトル出して改めて話題にするかもしれないけど
なかなかにゲンナリした話題その1という感じ。

・体調
口内炎と腹の調子が悪くなり2週間ほど。
少しずつ改善してきたもののゲンナリ話題2

・ウディコン
夏らしく怖い話。などと言っていたらもう秋

昨年の秋にウディコンゲームを色々と触り
作品毎に感想をまとめていたところで
PC買い替えに伴うデータ移行作業
そしてPC新調でハイスペならではの3Dゲーを遊んでばかりになり
すっかり公開時期を逃した「昨年」のウディコンの話題。

>鋼の心
オーソドックスなRPGと
機械を中心としたシナリオ
独自の成長システムとスキル習得を搭載した作品。

シナリオは王道で安心感があるし
特徴的な成長/スキル習得は振り直しがノーリスクで
割り振りに使う経験値的な"素材値"も
戦闘/マップ取得で手軽に稼げるので成長も速い。
難解に見える点も要点に気付くと実は単純。
(成長は平均的にすると高効率、スキルは隣接不可な色だけ離して置く)

死亡時は即ゲームオーバーだが事前に警告もあり
どこでもセーブ可。敵の調査で弱点耐性も確認可能で
一見難解な属性面も覚える必要はほぼ無く親切。

エンカウント率は高いが逃走成功率も100%で
ダンジョンも簡素で軽い謎解きがある感じなので
マップを歩かされるのが苦手な人に最適。

溜めが面倒なSP/TPはアイテムで補えるし
HP自動回復のおかげでHP消費技は多用できる
結果的にスキル連発で戦闘はさらに楽になる。
(難易度が低すぎるという人もいるが、気付くまではそうでもない)

一部に軽微なバグやテキスト枠からはみ出しなどがあったけど
低順位なのが勿体無いくらいに遊びやすくて
シナリオやら配慮やら図鑑やら丁寧な印象の良作だった。

>うでぃふぇんす!
ウディコン?をテーマにしたような設定の
タワーディフェンス系。道自体も自分で作るタイプ。

お馴染みのキャラと独特な設定だけど
しっかり遊べるし、演出も設定に合わせてある。

一方で敵はすぐ来るし、一時停止中は操作も出来ないため
操作はけっこう忙しい。

収入/スコアなどの要素が反する形で絡むような感じで
敵を効率よく倒すために前面(左側)に集中したいけど
スコア(開発度)のために、戦闘面は微妙なキャラも配置して
そちらも強化しなければならない。
しかし開発度が上がりすぎるとデメリットにもなるらしく……
と、効率的な戦法が自力では分かりにくかった点はある。

ただしクリアだけなら難しくはない
とりあえずコンテスト10位以内は達成できたが
1位には色々と気が付かないと大変そうである。

>リトルナイト
丁寧な作りだと思うSRPG。
3系統の武器による命中補正による三すくみ
物理に堅い重装兵は魔法に弱いなど相性も考えられている。
キャラロストも無いので、戦闘終盤などなら
ユニットが撃破されるのも多少は許容できる点もやさしい。

一方で敵味方のユニットがほぼ同じ見た目で判別し難い
(敵は敵専用ではないという意味、一応色分けはある)
戦闘アニメも地味でインパクトも弱いとは思った。
(過去に遊んだ他のフリゲSRPGとも比較してしまう)
戦闘中セーブが無いため、安易なQS&QLの厳選作業が無いのは
個人的には悪くないと思うけど
結果的にやり直し時も再配置や最初からというのが少し面倒。

この手のジャンルでは自分にお馴染みの運の悪さもあり
最後まで遊びたかったけど、運の悪さで断念。

>不思議のMANGA
漫画をテーマにして、漫画の中で戦闘/冒険する作品。

しかし豊富なアイテムは使い道が乏しかったりして
各コマ毎に適当に修正液/トーンで道を確保して
剣/魔法の杖での戦闘がメインという感じ
戦闘/アイテム使用ともに単調な印象。

漫画のコマ外に敵が隠れてしまったり
敵だけ障害物無視で広範囲の飛び道具を乱発したり
FPSのように被ダメに応じて画面が視認しにくくなるのだが
FPSのように自然回復はせず、限りのある回復アイテムの使用が必要。
(回復アイテム自体は余るので、難易度が高いわけではない)

パズル要素、収集品の隠しアイテムなどは
本作の魅力とは思うけどギミックは似たものが多く
これも単調な感じに。
(全コンプ+おまけも全部見た)

キャライラストが統一感が無く
シナリオも唐突だったり夢オチだったり
終盤の逃走シーンでマップが開ける+バグで進行不能?とか
一部の問題点と感じた要素は
作者自身も把握していたらしいので
もうちょっと配慮なり改良は欲しかった。

ウディコンの新鮮さ重視?系作品に多い
珍しいし、良い部分もあるけれど
その珍しさが問題点に直結していたり
他の部分がイマイチ……という作品。

>箱庭勇者
サムネの雰囲気が良さそうだったアクションRPG

操作方法がPCゲーでは見るタイプだがウディタでは珍しい点
全体的に説明不足で目標を見出しにくく
一方で死亡時のペナルティが重いので
気軽に死んで覚えにくい点
移動と攻撃のみで単調(レスポンス差はあるが)
光源処理の雰囲気は良いが、全編暗くて視認性が悪い点

などなど、こだわって作った部分は良いと思うけど
人を選びそうな要素も大量にある。
アプデによる改善や追加要素にも力を入れているらしいので
安定版になったら、もう一度遊ぼうかなと思い
途中で中断した。

>まおうのおつかい -The Myth of Retland 2-
FC時代のような雰囲気のレトロRPG
自作?らしい敵/マップチップ/音楽素材と
シンプルな戦闘、程よい進行用の説明など
レトロらしい雰囲気の完成度は非常に高い印象。

LvUpによる成長が緩く、防御が伸びにくい。
結果的に被ダメが0になり思考停止になりにくい。
バランス調整としては緊張感も保てるし
回復アイテム/魔法などの価値を損なわないとも思う。

ダンジョンクリア後のショートカット解禁
移動速度調整、全滅時にゲームオーバーにならない等
レトロ風だが、現代のような遊びやすさの配慮もある。

一方で後半の敵のインフレ気味と味方の成長の遅さ
あまり効果的と感じない耐性や特攻装備
ダンジョンギミックが暗いばかり
稼ぎに必要な時間がやや多い辺りが不満に思う人もいたと思う。

個人的には通常攻撃の命中率が低く
しかも魔法まで回避されるので、その点が特にストレスだった。
後は戦法などを練られるほどの幅が無いため
回復薬と物理攻撃でのゴリ押し気味なのも
レトロ風としても単調すぎるかもしれない。

>腹が減っては勇者はできぬ
敵の撃破ではなく(お金はもらえる)
食事時に成長効果があるアクションRPG

通常攻撃だけでなく、回復/特殊攻撃に
武器の強化、何より食事が名前だけだが種類が豊富。

シナリオや進行もテンポが良く
操作性も良いので最後まで快適に遊べた。
難易度も程よいし、2種から選択可能。

>レイユウサイ
独自なスキル習得
そして操作性も良いアクションRPG。

囲まれると危険だが、総合的な難易度はほどほど
多様性がありそうな育成も、割と適当でもクリアできる。

シナリオがあっさりなのは好み次第とは思うのだが
部分的なフラグ管理がおかしいのか
ちょこちょこ演出的におかしい点がみられた。
結果的にイベントの状況が分かりにくくなってしまい
ED回収や周回プレイをやる気にはならなくなった。


以上、一部不満な作品もあったけど
全体的には楽しませていただいたと思える。
実はまだ数本残っているのだが、触る機会を逃したので
まぁそのうち遊ぶでしょう。(ブログには書きそうにないが)

エロ同人関連はつづきから

続きを読む »

 | HOME |  »

自作ゲーム

erodan ar pic02
セックスバトルRPG
"エロダン アレンジ版"公開中!

カテゴリリンク

アップローダー

Regrets アップローダー
※一般の方のアップロードは禁止です。
管理人以外の方がアップロードしたファイルの安全性は保障できません。

月別アーカイブ