Regrets

今日の出来事やゲームの話などいろいろ

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・花粉
シーズン本番?ということで
目も鼻も辛い時期になってまいりました。

毎度毎年同じ話題で申し訳ない部分もありますが
花粉で目と鼻が被害を受けると同時に
口呼吸などが増し、口が乾燥して口内炎も増えるため
口内炎的にも辛いシーズンです。

・GENETOS
普段、STGをやらない人にこそオススメらしいSTG

死亡時などにボムの補充が早まったりするし
残機の数も多いし、残機/ボム増加アイテムも気軽に出る。

そんなシステム周りも遊びやすい形なのに
難易度設定もあるし、ボムや特殊攻撃でのスコア倍率強化もあり
STGの楽しみの1つ、スコアアタックも楽しめそうな作り。

自分はSTGはグラディウス系が好きなだけで
縦シューはほとんど遊ばない。
つまり本格的なシューターとしての評価ではないので
このゲームのSTGとしての問題点は分からないのだが
そんな素人目線だと、本当に問題らしい問題が思い浮かばなかった。

難易度などの遊びやすさだけでなく
最初はインベーダーなどの古いSTG風の作りで
そこから、STGのジャンルとしての進化を追うように
時期や演出/敵が変化していくという構成も面白い。
塔劇で見た、シューティング技能検定にも似た面があったし
何が元祖で起源かを議論する気は無いけど、演出としても面白い。

プレイヤーの行動で進化する自機のパターンが変化し
様々な攻撃パターンをプレイの度に変化して楽しめる点や
1週が20分程度で短いというのも生き抜きにピッタリである。

音楽や演出も良いとは思うのだが
STG素人としてはゲーム中に楽しむ余力があまり無いので
サウンドテストモードで楽しむといいだろう。
それを見越してか、サウンドテストモードがある点も非常に嬉しい。

しかし全武装を解禁できるのかは謎である。
一部の隠しアイテムも出現条件が分からないしね。
まだまだ楽しめそうで嬉しいのは確かである。

・KOFソシャゲ
ツイッターで発見した話題。
拡散希望とあったので、直接URLも掲載してしまおうと思う。

http://fanfare-days.net/archives/499

自分のブログを継続的に見ている人は
自分がとてもソシャゲが嫌いと知っていてくれてるかもしれないが
嫌いな理由の1つは、確率がユーザー側に見えない事を悪用して
詐欺的な手法で搾取していると感じる点である。

過去にもいくつかのソシャゲで
詐欺的な手法が話題になったり返金騒動もあったと思うが
法整備やら環境改善されている実感はほとんどない。

上記のURLの話では景品表示法の問題だけでなく
運営側の多数の嘘や訴状が宛先不明で戻ってくる
(訴状だと知ったので受け取らずに送り返す)など
真っ黒としか思えない対応ばかりに感じた。


しかし悲しいことに、氏のブログのコメント欄も
見当違いとしか思えないような的外れすぎる
運営側擁護的な意見も少数あった。
運営に盲目的なのか、本当に問題ないと思っているのか……

・UMvC3
PC版がついに発売。
書籍?やらDLCのコス+キャラが入り
旧来のパッケージ版の定価よりは安いということで
下手にパケ版の中古を買うよりはオススメできそうな構成。
新規が買うだけでなく、DLCなど目当てで
パケ版を持っていた人が買うのも十分にありえると思う。

しかし何年も前の作品でで既プレイヤーの腕は相当な物で
発売直後などの限定的な状況を除くと人も少なそう
何よりオンライン周りが特に変化が無く
評判の良い他タイトルのオンライン対戦のようにはいかない模様。

ボイスチャットをオフに出来ない?なんて話もあり
一方的に相手側から声が飛んできたりするのも不評らしい。

機能追加/改善は期待していなかったし
DLC分などのおまけだけでも十分だとも思うのだが
オフラインで身内と遊ぶだけなら
自分は既に持っている箱版で十分であり
PC版をさっそく買おうとは思わなかった。
何よりPCは環境依存の問題もCS機より格段に問題になるしね。

PS3版を後から購入した時も
無料オンラインでH&Hが気楽に遊べるし
カードコンプリートも狙えるかも?と思っていたら
過疎でまったく対戦など出来なかったので
PC版も一瞬期待したが、PS3と同じと考える方が良さそうである

実績程度でもオン限定要素があると
若干でも気になってしまうのに
普通に収集要素をオン限定にしないで欲しいよね。

あとはMODの話もあるらしい
ネットの改善がくればなんて他力本願な話題もあれば
既キャラの動作を入れ替える?類のものまで
マグニモーションのハガーとか
センチモーションのアーサーの動画を見たが一発ネタにはなると思う。

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・旧劇
古め?な対戦系ゲームでの対戦会的なイベント。
過去から何度か開催されて
自分も興味のあるタイトルがちらほらあったのですが
意図的に強キャラを解禁する方針などで
そのゲームの内容は伝わってくるものの
ガチ勢同士でもキャラ差で一方的な展開になる場合も多く
見ていて「良い試合」と思えない場面も結構あったのが不満だった。

そんなイベントの6回目?
昨年に関西で開催された時の動画が、ようやく全て投稿された。
お忙しいなどの都合もあるとは思うけど、さすがに1年近く待つのは長い。
いつか揃ったらでいいやと気楽に待っていた分
自分的にはストレスなどは無かったけど、熱心に待った人もいただろう。


今回は過去からの反省なのか
初選出のタイトル以外は、ハンデや禁止なども配慮を感じられて
久々に不満が少ない状態で見る事が出来た。
ただ「強キャラを禁止」としたわけでも無いので
参加者による自重に依存していた面もあるのかなとも思う。
ローカルルールはルール自体が練られていないと安定しないしね。

新規にそのゲームを知る人への紹介も兼ねるから
気軽に参加して、上手じゃない人がいるのは問題ないと思うけど
ガチ勢でも初心者でも、強キャラで一方的にボコるのは
やっぱり「面白そう」という感情に繋がり難いと思ってしまう。

そして欲を言えば、上手いガチ勢による「互角の勝負」
これが一番盛り上がるとも思う。
禁止されていない以上、勝つために強キャラを選ぶのは自由
それでゲームの闇や問題点も確かに見える。
けど、交流会としては個人の勝利だけじゃなく
面白い点が伝わりやすいような自重も必要なのかもしれない。

今回のエンドレスデュエルはエピオン不在だったし
上手な人の動きも見れたので大満足だった。
ただ、やっぱりヘビアは空中戦主体だと辛いよね。
空中下段含めた択が1度でも通れば、実況もネタに出来たんだろうな……

・ノベルゲー
エロゲーをやる気がしない状態に再び突入。
しかしせっかくだからと方向性を変えて
長年放置してきた、ノベル系でもやってみるかと思ったら
肝心の内容が微塵も好みではなかったので
ますますやる気が低下してしまった。

先が読めてしまうから詰まらないなんて時々言うけど
先が読めていても、しっかり楽しめる例だって大量にある。
つまり本質的な問題は別なんじゃないかと思った。

ギャルゲーではありがちな要素とはいえ
主人公やヒロインがあまりにもアホで問題を放置しつづけ
その結果、取り返しが付かなくなっているとか
設定上は味方だけど、どうみても裏切りそうだし
というか予想通り途中から敵にしか見えないのに
終盤まで主人公勢が全員気がつかないし
裏切られてからも「信じられない!」みたいな反応だったり……


なんというか、プレイヤーと劇中人物での
意識や感じている内容に差がありすぎるのがダメなのだろうか?

推理系などで、劇中の人物には見えないところでの出来事を
プレイヤーにだけ見せていて、プレイヤーだけ知ってる事はあるし
その手法自体に問題は無いと思うのだけど
バレバレな事象を劇中の人物だけが「気付かない」ことで
都合よく見てみぬふりをしているとか、あまりにもアホとか
そんな印象に繋がり、よくある「ご都合主義だ」になってしまうのかも。

気まぐれや偶然で助かる事や
事前の設定や劇中での説明を全て無視して
最後には気合や根性で解決するのも
頻度や内容によって、前述のプレイヤーとの意識差に繋がって
納得できれば「運がいいな、気持ちも大事だな」ってなるし
できなければ「都合がいい、気合だけでいいじゃん」ってなると思った。

エロ同人ゲーム関連は続きから

続きを読む »

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。


・ロックマンDASH
軽く調べたら、本ブログに話題として出る回数が
かなり多い様子だったDASHシリーズ。
まぁ色々と話題になった3関連の話と
単純に世界観やゲーム性が好みだからだろう。

過去にも数度書いたのだけど
自分は100%網羅する方が好きなので
100%+タイムアタックを遊ぶ事はあっても
一部を無視する、いわゆるAny%でのタイムアタックは
あんまり遊んでいなかった。

で、DASH1の話なのだが
本作は通常の難易度"ふつう"と別に
クリア後に解禁される"むずかしい"と"かんたん"がある。

むずかしいは、ふつうのクリアだけで出現し
敵の攻撃力/防御力(耐久力?)が強化
単純だが難易度上昇はかなりの物で
ボート防衛戦は何度もやり直した。
(そしてマシンバスターの強さを知り助けられた)

かんたんは初期装備に特典が加わるが
出現条件は、ふつうの3時間以内クリアか
むずかしいのクリアである。
しかしネットでは、むずかしいクリアよりも
ふつう3時間クリアの方が楽なんて話があり
先日、挑戦してみたのだ。

昨年に見たTASなどの真似もしながら
かなりスムーズに進む。確かにむずかしいより簡単である。
が、タイムを意識するあまり稼ぎや成長が疎かで
ボン戦での被弾、ガルドリテン戦ではライフ0にまで追い詰められ
フォッケウルフでもライフ1、テオドール戦でゲームオーバーであった。

TASさんは(利点が無ければ)被弾しないが
自分は人間なので普通に被弾する。
そして昔より明らかに側転のタイミングが甘い。
狙いや装備の調整もTASと見比べたら知識不足だったし
何より「つい関係ない場所を調べてアイテム集め」は論外。
タイムアタックなのに美術館への寄贈品を集めて
自分は何がしたかったのだと思ってしまった。

次回の挑戦はいつだか分からないが
ライフ/ENボトルへの投資の是非や
少しは弾数もあったほうがいいというバスターパーツ選択
この辺りは勉強になったと思う。

特殊武器はマイン>グランドで良いと思うのだが……
マシン/パワードが使えないのは寂しさがあるよね。

・バレンタイン
毎年、おそらく他の方々とは別の理由で
テンションが下がるシーズンである。

チョコレートは嫌いでは無いのだが
食べるととにかく口が荒れる、口内炎も増える。
もらえた/もらえない程度ならばまだ影響は少ない方で
世間がやたらとバレンタインに合わせて
何から何までチョコで展開するために
普段は問題ない商品や店舗までチョコに染まり
結果的に、口内炎が爆発的に悪化しやすいシーズンなのである。


さらにこの後は時期的に花粉症も重なり
鼻/目などが辛くなる上、鼻づまりから口呼吸になり
口呼吸になった事で口が乾燥し
これまた口内炎悪化に繋がっているような印象である。

夏は夏で辛い面もあるが、このシーズンは口内炎が辛い


エロ同人関連は続きから

続きを読む »

雑記

・インフルエンザ
インフルエンザが流行する時期?かと思うのだが
先日、都内某所で有名な店員A氏が
インフルを理由に大会を中止した。

個人的には、感染拡大の方が困ると思うので
大会中止自体は良い判断だと思う。


が、自分はインフルと診断された事は無いし
とても症状が辛いというイメージしか無かったので
生放送で普通に会話していたり
過去の動画も編集されて投稿されたし
1週間後の大会も普通に開催ということで
「体調は大丈夫?無理していません?」と思ってしまった。

EXVSへの興味はほぼ無く
ニコニコでの嫌なコメントもあるので
尚更、無理してやらないでもと思ってしまう。
投稿されたら、惰性的とは言え見ていますからね。

・全年齢ゲーム
年末年始直後は昨年よりマシだったが
結局は今年も例年と同じ口内炎などの体調不良は付きまとう。
そして気分が良くないと、何を遊んでも面白さも半減する。

実際にいくつかゲームを遊んだが

実質打ち切りエンド
完成度は高いが未完成
纏まっているけど極端に短い
バグでコンプが非常に困難
などなど、やや難のある作品が多かった。

何か気分転換になる起爆剤のような
新しい作品に出会えればいいのだが
実際は新作より遊びなれた旧作の方が
やっぱり習熟の手間が無い事もあるし……
などと悩んでいるが
残念ながら大神も3D酔いとカメラ問題があるので
あまり進んでいない。

・ケロブラスター
と、ここでケロブラスターを紹介?される。

これは昨年の年末年始セールで
Skyrimなどと同時に弟が買っていた作品。
いかちゃん、洞窟物語などで有名な
開発室Pixelの販売しているゲームである。

射撃攻撃がメインのアクションで
若干の探索要素や、お金を稼いで装備の強化などもある。
1週は2時間程度で終わる程よいボリュームだが
クリア後に高難易度モードや装備引継ぎのおまけもある。

操作性に少し癖はあるけど基本は許容範囲で
初見殺しもそれなりにあるけど
基本はパターンを覚えて対処するタイプなので
繰り返しプレイしていれば上達を実感できる。
残機があれば死んだ部屋から
残機が尽きてもステージ最初からなので
特にリプレイ時の上達は実感できるはずだ。

高難易度モード後半の初見殺しや
FC/SFCなどのカセット半挿し?のような
バグった雰囲気のボーナスでの怖さ
前述の体調などの状態もあり
予想外に疲れも感じたが
ゲーム内容は気分転換にバッチリの面白さだった。
普通のモードだけなら、他サイト様の攻略などもあるし
腕にあまり自信が無くても遊べるとは思う。

しかしSteam版特有なのか
ノーマルでの周回プレイが出来ないとか
仕様上の問題で過去のステージに戻れない。
ゲームモードも
ノーマル>残業(周回用高難易度)>おまけ(高難易度から引継ぎ)
という流れは固定されていて
残業の後にノーマルに戻したり引き継いだり
おまけまで進めて、ノーマル/残業に戻ったりが出来ない。

データ削除で最初から遊ぶ事は可能なのだが
特定のステージだけ遊ぶのはやりにくいかもしれない。

BGMが良質という点も忘れられない点だったと思う。
ホテル/駅/会社/ラスボス(表)などがお気に入り。

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

UnHolY DisAsTeR作者とのトラブル

前回までの状況はこちら

作者本人が自分の数度の雑記から
「悪評だけ抜粋」しツイートし
結果、作者のファンまで
自分に対し個人攻撃を行う状態だった。
悪評だけでは無いと強調し
"誤解に対し謝罪"をしたつもりだったが……

思えば、心理状況が似たドスパラの話を混ぜ
「心境変化」が重要かのように見えた前回の記事が
そもそも誤りだったかもしれない。
良い点も悪い点も書くのが感想だと思っている
つまり自分の雑記自体は感想の類だと思っていた。
作者が「悪評だけ偏向抜粋」した事が意図的か分からず
悪評だけではないという意思表示が強くなってしまった。


ゲーム作者、それも累計1万以上も売れているのだから
ファンの数は多いだろう。
結果、個人攻撃をしてくる第三者は増えた。
自分は複数人の発言を1人で受けるしかない。
(自分のブログに対する拍手も来ている。
支援なのかは分からないけど、ありがとう)


作者のツイート
https://twitter.com/hatahataUnHolY/status/823483035098062849
「アンホリは楽をするためにドットからLive2Dに移行し
 アニメの質も悪く手抜きで不安しかない」

自分の記事単体に、ここまでの悪意を含んでいたか?
書いた自分の判断だけでは公平だとは思わないが
複数回の記事から悪評のみの抜粋は
むしろ作者側の悪意すら感じる。
作者のファンも自分のブログを読み
本当に作者と同様の悪意だけを感じ取ったのか聞きたい。
作者の"偏向引用ツイート"だけで判断していないだろうか?


そもそも「楽させて」の発言は作者自身のものである。
そこまでするつもりは無かったが
わざわざ本人の発言を持ってきた。
この引用を「意図的な抜粋」と反論するのだろうか?

https://twitter.com/hatahataUnHolY/status/776403960491978755
https://twitter.com/hatahataUnHolY/status/776054656317333504

作者自身が「ドットは大変だからLive2Dで楽させて」
と発言し、ドット派も一定数いる中
作者が楽をするため、大きいドットを諦めろというのか!
と気持ちを書いたのが9月の内容。

作者はまた拡大解釈し
「ドット派が多いと思った根拠」を要求してきたが
一度でもドット派が多いと発言したつもりは無いし
(ドット派も一定数、Live2Dの"質"に否寄りの意見とは言った)
それを盾にした覚えも無い。
要点はアンケ結果への言及ではなく
作者自身の「楽させて」発言への言及である。



作者側の意見では
良い点や再評価、過去の感想などは関係なく
「(意図と違うなら)記事の削除/追記/謝罪を入れろ」
との内容だった。
怒りの矛先が不明瞭な部分もあり
ずいぶん脱線してしまったが

作者の「楽させて」発言があったため
アンケ結果と別に「作者が楽するため」Live2Dを選択
という印象を感じた事が1つ。


悪評抜粋と感じたが、意図的か分からず
「悪評だけの抜粋は意図的では無い」という抗議と
仮に悪評しか見えていなかったらと
謝罪したら「意図と違うなら訂正しろ」
と返された事が1つ。


別々の話のつもりだったが
自分の安易な謝罪が誤解を招いたのか?
混同されてしまった印象である。
作者はこちらの意図が「伝わっている」と言っていたが
こちらは、とても伝わっていたとは感じられない。


4ヶ月も前の記事に反応して蒸し返し
明確に名指しせずとも、間接的に調べられる程度に
「意図的に悪評だけ」ツイートを行い
偏向的な内容に異を唱えたら的外れの一般論で返答され
第三者から個人攻撃までされ、謝罪などを要求される。
(第三者の行動は作者とは別問題だが)


長年、レビューを書いてきたが
他の制作者の場合、レビューの紹介や
良い点/悪い点含んだ内容への反応こそあった。
「意図的に悪評だけを抜粋して発狂」
「作者の発言へ言及したらブチ切れられた」
このような前例は一度も無かった。

レビューへの意見なら善悪問わず受ける気持ちはある。
だが偏向引用を書き手の発言のように扱うのはおかしい。
良い点/悪い点が混在する感想中から
悪意しか感じられない、悪意だけを抜粋する
そんな相手と分かり合えるとも思わない。

今後、二度と作者近辺を閲覧/レビューしたいとも思えない。
ちやほやしているファンにも言いたい。
「良い点も悪い点も言及していようとも
 悪評だけ偏向引用してブチ切れる作者に
 個人攻撃されないようにね」

 | HOME |  »

自作ゲーム

erodan ar pic02
セックスバトルRPG
"エロダン アレンジ版"公開中!

カテゴリリンク

アップローダー

Regrets アップローダー
※一般の方のアップロードは禁止です。
管理人以外の方がアップロードしたファイルの安全性は保障できません。

月別アーカイブ