FC2ブログ

Regrets

今日の出来事やゲームの話などいろいろ

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・Steam
ガンハザ攻略を終えたのでSteamで適当に新作を買ってみたけど
絵はまぁまぁすごいけど、キャラもシナリオもゲーム性も
何もかもが微妙であっさりやる気をなくしてしまった。

クリアしたらタイトル出して改めて話題にするかもしれないけど
なかなかにゲンナリした話題その1という感じ。

・体調
口内炎と腹の調子が悪くなり2週間ほど。
少しずつ改善してきたもののゲンナリ話題2

・ウディコン
夏らしく怖い話。などと言っていたらもう秋

昨年の秋にウディコンゲームを色々と触り
作品毎に感想をまとめていたところで
PC買い替えに伴うデータ移行作業
そしてPC新調でハイスペならではの3Dゲーを遊んでばかりになり
すっかり公開時期を逃した「昨年」のウディコンの話題。

>鋼の心
オーソドックスなRPGと
機械を中心としたシナリオ
独自の成長システムとスキル習得を搭載した作品。

シナリオは王道で安心感があるし
特徴的な成長/スキル習得は振り直しがノーリスクで
割り振りに使う経験値的な"素材値"も
戦闘/マップ取得で手軽に稼げるので成長も速い。
難解に見える点も要点に気付くと実は単純。
(成長は平均的にすると高効率、スキルは隣接不可な色だけ離して置く)

死亡時は即ゲームオーバーだが事前に警告もあり
どこでもセーブ可。敵の調査で弱点耐性も確認可能で
一見難解な属性面も覚える必要はほぼ無く親切。

エンカウント率は高いが逃走成功率も100%で
ダンジョンも簡素で軽い謎解きがある感じなので
マップを歩かされるのが苦手な人に最適。

溜めが面倒なSP/TPはアイテムで補えるし
HP自動回復のおかげでHP消費技は多用できる
結果的にスキル連発で戦闘はさらに楽になる。
(難易度が低すぎるという人もいるが、気付くまではそうでもない)

一部に軽微なバグやテキスト枠からはみ出しなどがあったけど
低順位なのが勿体無いくらいに遊びやすくて
シナリオやら配慮やら図鑑やら丁寧な印象の良作だった。

>うでぃふぇんす!
ウディコン?をテーマにしたような設定の
タワーディフェンス系。道自体も自分で作るタイプ。

お馴染みのキャラと独特な設定だけど
しっかり遊べるし、演出も設定に合わせてある。

一方で敵はすぐ来るし、一時停止中は操作も出来ないため
操作はけっこう忙しい。

収入/スコアなどの要素が反する形で絡むような感じで
敵を効率よく倒すために前面(左側)に集中したいけど
スコア(開発度)のために、戦闘面は微妙なキャラも配置して
そちらも強化しなければならない。
しかし開発度が上がりすぎるとデメリットにもなるらしく……
と、効率的な戦法が自力では分かりにくかった点はある。

ただしクリアだけなら難しくはない
とりあえずコンテスト10位以内は達成できたが
1位には色々と気が付かないと大変そうである。

>リトルナイト
丁寧な作りだと思うSRPG。
3系統の武器による命中補正による三すくみ
物理に堅い重装兵は魔法に弱いなど相性も考えられている。
キャラロストも無いので、戦闘終盤などなら
ユニットが撃破されるのも多少は許容できる点もやさしい。

一方で敵味方のユニットがほぼ同じ見た目で判別し難い
(敵は敵専用ではないという意味、一応色分けはある)
戦闘アニメも地味でインパクトも弱いとは思った。
(過去に遊んだ他のフリゲSRPGとも比較してしまう)
戦闘中セーブが無いため、安易なQS&QLの厳選作業が無いのは
個人的には悪くないと思うけど
結果的にやり直し時も再配置や最初からというのが少し面倒。

この手のジャンルでは自分にお馴染みの運の悪さもあり
最後まで遊びたかったけど、運の悪さで断念。

>不思議のMANGA
漫画をテーマにして、漫画の中で戦闘/冒険する作品。

しかし豊富なアイテムは使い道が乏しかったりして
各コマ毎に適当に修正液/トーンで道を確保して
剣/魔法の杖での戦闘がメインという感じ
戦闘/アイテム使用ともに単調な印象。

漫画のコマ外に敵が隠れてしまったり
敵だけ障害物無視で広範囲の飛び道具を乱発したり
FPSのように被ダメに応じて画面が視認しにくくなるのだが
FPSのように自然回復はせず、限りのある回復アイテムの使用が必要。
(回復アイテム自体は余るので、難易度が高いわけではない)

パズル要素、収集品の隠しアイテムなどは
本作の魅力とは思うけどギミックは似たものが多く
これも単調な感じに。
(全コンプ+おまけも全部見た)

キャライラストが統一感が無く
シナリオも唐突だったり夢オチだったり
終盤の逃走シーンでマップが開ける+バグで進行不能?とか
一部の問題点と感じた要素は
作者自身も把握していたらしいので
もうちょっと配慮なり改良は欲しかった。

ウディコンの新鮮さ重視?系作品に多い
珍しいし、良い部分もあるけれど
その珍しさが問題点に直結していたり
他の部分がイマイチ……という作品。

>箱庭勇者
サムネの雰囲気が良さそうだったアクションRPG

操作方法がPCゲーでは見るタイプだがウディタでは珍しい点
全体的に説明不足で目標を見出しにくく
一方で死亡時のペナルティが重いので
気軽に死んで覚えにくい点
移動と攻撃のみで単調(レスポンス差はあるが)
光源処理の雰囲気は良いが、全編暗くて視認性が悪い点

などなど、こだわって作った部分は良いと思うけど
人を選びそうな要素も大量にある。
アプデによる改善や追加要素にも力を入れているらしいので
安定版になったら、もう一度遊ぼうかなと思い
途中で中断した。

>まおうのおつかい -The Myth of Retland 2-
FC時代のような雰囲気のレトロRPG
自作?らしい敵/マップチップ/音楽素材と
シンプルな戦闘、程よい進行用の説明など
レトロらしい雰囲気の完成度は非常に高い印象。

LvUpによる成長が緩く、防御が伸びにくい。
結果的に被ダメが0になり思考停止になりにくい。
バランス調整としては緊張感も保てるし
回復アイテム/魔法などの価値を損なわないとも思う。

ダンジョンクリア後のショートカット解禁
移動速度調整、全滅時にゲームオーバーにならない等
レトロ風だが、現代のような遊びやすさの配慮もある。

一方で後半の敵のインフレ気味と味方の成長の遅さ
あまり効果的と感じない耐性や特攻装備
ダンジョンギミックが暗いばかり
稼ぎに必要な時間がやや多い辺りが不満に思う人もいたと思う。

個人的には通常攻撃の命中率が低く
しかも魔法まで回避されるので、その点が特にストレスだった。
後は戦法などを練られるほどの幅が無いため
回復薬と物理攻撃でのゴリ押し気味なのも
レトロ風としても単調すぎるかもしれない。

>腹が減っては勇者はできぬ
敵の撃破ではなく(お金はもらえる)
食事時に成長効果があるアクションRPG

通常攻撃だけでなく、回復/特殊攻撃に
武器の強化、何より食事が名前だけだが種類が豊富。

シナリオや進行もテンポが良く
操作性も良いので最後まで快適に遊べた。
難易度も程よいし、2種から選択可能。

>レイユウサイ
独自なスキル習得
そして操作性も良いアクションRPG。

囲まれると危険だが、総合的な難易度はほどほど
多様性がありそうな育成も、割と適当でもクリアできる。

シナリオがあっさりなのは好み次第とは思うのだが
部分的なフラグ管理がおかしいのか
ちょこちょこ演出的におかしい点がみられた。
結果的にイベントの状況が分かりにくくなってしまい
ED回収や周回プレイをやる気にはならなくなった。


以上、一部不満な作品もあったけど
全体的には楽しませていただいたと思える。
実はまだ数本残っているのだが、触る機会を逃したので
まぁそのうち遊ぶでしょう。(ブログには書きそうにないが)

エロ同人関連はつづきから

続きを読む »

レビュー@ロリ巨乳の里にて

今回のレビューは「ロリ巨乳の里にて」です。

例によってエロゲであることと多少のネタバレに注意してご覧ください。

続きを読む »

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・ガンハザード
かなり久々に再プレイしたくなり
ついでに自分の攻略を見たり
他の方の攻略サイトなどを見たら
自分の攻略も加筆修正したくなり……

自サイトより充実していると思う
他サイトさんができてしまっていたけど
自分のにも何か価値はあるといいなとも思う。

再プレイだけならもっと時間はかからなかったと思うけど
攻略の見直しやら研究やらで本当に色々あった。
ボリュームもなかなかあってプレイスタイルも幅広いしね。

・スカルガールズ
ストーリーを一気に消化。
GGXXほど分岐やら長大なものではなく
CPU戦に少々イベントとCGがある程度のものだった。
結果的に手軽だったので助かったし
簡潔/長大のどちらがいいかは好みもあるだろう。

しかし大本が問題の種なスカルハートだけに
救いのない展開やキャラが目立つ気がする。
ハッピーエンドでなければいけないとまでは思わないが
いかにも続きそうな終わり方のフォーチュンやら
むしろペイン側が主役に感じるヴァレンタインやら……
ピーコックは王道かつきれいに終わっている感じで
世間的な人気はストーリーの影響も大きい気がする。

そしてDLC追加型のゲームの宿命で
いかにも関係ありそうな追加キャラがいたとしても
DLC前のキャラのストーリーには関わらないのが辛いところ

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・スカルガールズ
ストII辺りの古い格ゲーは対戦が基本で
PS2のGGXX辺りでストーリーなど単純な対戦以外のモードが増えた

しかしその部分が露骨なハンデ戦だったり
おまけに何らかの解禁に関わっていたりした
自分も多数の作品で隠し要素解禁に苦労した記憶がある。

一方でGGXXやらキャリバーIIIやら
純粋な対戦回数だけである程度解禁できるゲームもあり
常々、格ゲーがやりたいのになぜハンデ戦強要?
と思っていた自分には嬉しい要素だった。

で、本題のスカガにもさまざまなモードがあり
そして対戦外の解禁情報は日本wikiなどに情報が乏しい
海外wikiなども調べたが、「対戦回数」での解禁有無が不明だし
恒例の縛りプレイみたいなハンデ戦も一部解禁に関わる様子。

ゲンナリしながら、試しに攻略を参考に
強化ボスと戦う「マリー300%」に挑戦し
ストレス溜めながらクリアしたら、なんと一気に全開放となった。

これで今後は解禁とか気にせず気ままに対戦できるし
未着手だったストーリーも単純に楽しめるけど
新規勢に強化ボス倒せば全開放とはオススメしにくいよね。
イラストも美麗で楽しめる作品だけにもったいないと思う。

・ゲーセン動画
例のゲームを進める時に片手間でやるために
色々と動画を見ていたのだが、その中での某ゲーセンの動画。

実況の理解度が低い、無関係な話題が多い
そもそも身内ネタやら煽りや罵倒が多いと散々だった。
はっきりいって、実況ない方がはるかにいいと思えるほど。

比較してしまうのはやはり某塔の一部過去動画の実況の質の高さ。
理解度が抜群に高く、初見の人にも伝わる実況と
参加者自体の平均レベルも高く、試合内容も楽しめる種目もあった。

もちろんこの店と実況が好きな人もいるのだろうが
調べたら出るわ出るわトラブルの数々
信者?は「過去の話」と一蹴しているけど
自分が見た感じでは何度も色々とやらかしてる様子
ゲーセンはどこもトラブル色々で面倒なのかと思いつつ
何か実況が不快でなく、ゲーム系でいい動画はないものか……
と暇つぶし手段に悩む状態。

エロ同人関連は続きから

続きを読む »

雑記

WEB拍手、いつもありがとうございます。

・スカルガールズ
ネット対戦などはせず
一人でちまちまと遊びながら継続していたものの
メインの対戦相手が放置気味で対戦機会がない。

ネットで他の方の対戦などを見てみようと思い
古い動画から見始めたら、別ゲーレベルでの違いで驚いた。

コンボが長く、同じような構成のパーツが多い
永久防止システムの穴?をついて
始動だけ変えたループが多いような感じ。
そして特定のキャラと技が強く
ワンタッチワンキルも頻発。
(補正切りで実質2タッチの場合もあるけど。あんなの見切れない)

個人的にはワンミスで致命的な影響があるゲームも
嫌いではないはずなのだが初期スカガは苦手な雰囲気だった。
似たパーツ+長いことによるだるさと
IPSやら永久防止というわりに杜撰なシステムだからと思う。

一方で制限の緩かった初期に対して
色々と制限が加わった現行版も困る。
初期版を遊んだ側からすれば窮屈に感じてもおかしくない。
(自分は現行版のみなのでその点は問題ない)

スカガは大まかに分類すれば
無印/アンコールの2バージョン程度だと思うので
一昔前の大量の別ver商法に比べればマシとも思うが
verが多いと好みも分散して人も分散すると思うし
多くない方が自分に合いそうな気がした。

・都内某所
まさかとは思ったがNEXTの投稿は停止なのだろうか?
再生数から見える需要的には妥当と思いつつも
人気があるからこそ、コメントでの論争も多いのが悲しい。

Youtubeで問題なく視聴できればそちらでもいいのだが
自分の記憶では、昔は一部楽曲が権利問題で無音化させられたりで
結局、ニコ動で視聴+コメ非表示にしていた記憶である。

エロ同人関連(ほぼ広告)は続きから

続きを読む »

 | HOME |  »

自作ゲーム

erodan ar pic02
セックスバトルRPG
"エロダン アレンジ版"公開中!

カテゴリリンク

アップローダー

Regrets アップローダー
※一般の方のアップロードは禁止です。
管理人以外の方がアップロードしたファイルの安全性は保障できません。

月別アーカイブ